50歳から自分の好きな職業に簡単に転職できるの? ここは「がっちゃん 」が実際に体験した転職への道を記録するブログである

石油ストーブ「フジカハイペット」を使った冬はとっても暖かだった

どうも!がっちゃんです!

 じつは私、「プレッパー」なんです!万が一(地震などの災害)に備えていろいろと準備する人のことを「プレッパー」と言うのだそうです。私の場合の「プレッパー」とは、「災害に備えて、ということを家族の口実にキャンプ道具を増やしていきたいと企んでいる人」、と解釈していただければと思います。嫁さんに快諾してもらうためにも「普段でも」「キャンプでも」「万が一」にでも使えるモノを購入しています。

 今回は石油ストーブ「フジカハイペット」をワンシーズン使った感想をお伝えしたいと思います。最後の方に気になる光熱費もご紹介しています!

約5か月待ちで購入

 この「フジカハイペット」は、「株式会社フジカ」さんの会社(東京)に直接電話で注文しないと購入できません!(しかもフリーダイヤルじゃないので、電話代はこちら持ち)在庫を持っていないので、会社に買いにうかがっても買うことはできません!しかも支払は「代金引換のみ」となっています。今どき、なんというアナログな注文なんでしょうか?これでも注文が絶えないというのがスゴイ!商品に魅力があるからなんでしょうね。

 商品案内には「口コミで売れてます!本物の良さを知る方へ。21世紀におくる、古くて新しい実力派」というキャッチコピーが、これまた古臭い作りのフジカ公式ウエブサイトに掲載されています。一応スマホでも見やすいように、サイトの幅を狭くして作成しているような気がして、健気さを感じてしまいます。

石油ストーブは基本、「フジカハイペット」だけですが、付属品によっていろいろなバリエーションがあります。公式ウエブサイトで内容を確認。大阪から東京への電話ですので、できるだけ通話時間が短くなるよう事前にカラーやモデル名やらを確認しておきます。私は2018年10月に注文の電話をさせていただきました。すでに今シーズンの注文を多く受けていて、納期は来年2019年の3月頃になると言われました。今シーズンの使用には完全に間に合いませんでしたが、来シーズンのためにと購入に踏み切りました。

私が選んだのは、本体が白色で天板が「テンパーカラー」という塗装なしタイプ。使いこむたび焼き色が変わるのを楽しむことができます。付属品は反射板だけのシンプルなストーブを選びました。付属品の反射板は、狭い家やテントの隅っこに置くのに便利そうなので採用としました。

 購入金額は、消費税8%・送料・代引き手数料込みで34,992円でした。

 付属品は他に「整流リング」「耐熱防風ガラス」がありましたが、整流リングは、風が吹いても結局風を巻き込んで効果が薄そうだったので却下、耐熱防風ガラスは、熱もさえぎられそうなので却下としました。

忘れたころにやってきた

注文したのもすっかり忘れた翌年3月中旬頃に「フジカハイペット」が我が家にやってきました。保証書のお買い上げ日は2019年4月30日にしてくれていました。1か月くらい保証期間をサービスしてくれてました。

開封すると注意書きが!

 これ忘れて、芯を焦がしちゃう人がいたんだろうなぁ。給油して15分以上待ち、芯に灯油をまわしてから点火しましょう。シーズンの始まりには必要な儀式ですね。今はなんでも面倒くささがなくなっていくので、たまにはこんな儀式があってもいいと思う。ディテールは以下のような感じです。天板が外れます。高火力で煮物ができそう。ストーブ使用中はお湯やお茶が沸かせて重宝しそうです。

1シーズン使って、天板はこんな感じの焼き色です。

耐震自動消火装置も標準装備。

ダイヤルが付いています。これで芯を上下させますが、火力の調整はできません

転倒しても灯油が漏れないタンクキャップ。これで特許を取得しているそうです。タンクキャップを絞めすぎに注意!強く絞めすぎると空回りしちゃいます。また、ツメを破損させたり、開けにくくなる場合があります。ていねいに扱いましょう。

 給油する時、給油ゲージを見ながら満タンまで入れようと頑張ると、タンクが3.6リットルと小さめのため、慣れていないとすぐに灯油を溢れさせてしまいます。灯油があふれたときのために、(寒いけど)外で給油することと、キャップ周辺の灯油ふき取りのために古くなった雑巾などを準備しておくことをオススメします。

「収納BOX」「ゴトク」を同時購入

 純正ではありませんが、収納にピッタリなBOXがあります。それと、調理に使えるゴトクもピッタリなのがあります。それがこちらです!

 こんな感じでピッタリと使えます。もともと入っていた箱も頑丈なので、これに替える必要はないかも知れません。

 ゴトクを載せたまま収納すると少し出っ張りますのでご注意を。

他にもピッタリ収納できるものやゴトクがあるようです。自分でピッタリのものを探すのも面白そうですね。

1シーズン使った感想

今シーズンは残念ながらアウトドアで使用する機会には恵まれませんでした。今回は、屋内で1シーズン使用した感想をお送りします。

 今年は「暖冬」でしたが、冬はやはり寒いものは寒い。12月上旬~3月末まで使っていました。

使用環境

 1階部分、25畳程度のLDKで使用。今まではエアコンの暖房だけで過ごしていたんですが、嫁さんや娘が「足元が寒い」と言われていて、コタツの導入などを検討していました。とても狭い家なので、できるだけ家具などは増やしたくなかったんですよね。「フジカハイペットのような小さな石油ストーブなら、シーズンオフに収納するスペースも少なくて済むし、災害時に電気・ガスが止まった時にも使えるな」と思い、今回導入してみました。

使ってみた感想:家族は!?

 本当に「暖か~い」冬を送ることができたようで大満足の様子でした。特に寒がりの嫁さん、娘には大変好評で、娘は毎朝いつもストーブの前で、うれしそうに身体を温めていました。朝夕はとても冷えるので、私が早起きしてストーブを先につけてあげていると、本当にうれしそうです。

 外で乾かなかった洗濯物も屋内で数時間乾かせば、乾いちゃいます。石油ストーブを導入すると結構乾燥しますので、洗濯物の湿気なんかあっという間に乾かしてくれます。注意:火災予防のため、ストーブの上で洗濯物は乾かしちゃダメ!絶対!

使ってみた感想:私は!?

 「フジカハイペット」でお茶を沸かしたり、アゴ(トビウオ)を焼いて日本酒を燗してのアゴ酒はサイコー!でした。パンを焼いたり、ココアを温めたりもしました。ストーブでパン焼いて食べるなんて、小学生以来!懐かしいなぁ。今度コッペパン焼いてみよっと♪ 暖を取るだけでなく、副次的な楽しみがあるのも、フジカハイペットならではですね。こんなん、エアコンでは体験できないですよねぇ。

 あと、「フジカハイペット」に五徳を置いてヤカンを置いておけば、いつでも熱湯が使えます。熱いお茶がいつでも飲める。夜のお風呂のたし湯にも使えちゃう。これでまた電気代が節約できちゃいますよね。

 小柄な「フジカハイペット」だから、せまいわが家や狭いテントの中ではちょうどイイ!十数年前にホームセンターで四角い石油ストーブを買ったけど、「フジカハイペット」の1.5倍くらいあって、狭い我が家には正直、大きかった。「そんな大げさなぁ。1.5倍くらいやったら邪魔にならんでしょぅ!?」とお思いでしょうが、すでにわが家には、部屋に似合わない大きなダイニングテーブルやら、無理して買った65インチテレビが鎮座しており、もう空間に余裕がないんですわ。家族同士がすれ違うたびに、娘なんかは兄貴に「邪魔!」とか言いながら通り過ぎているんだから本当に狭い!

 でも、寒いからエアコンよりもグッと暖まる石油ストーブは置きたいし。となると小型で隅っこに置ける「フジカハイペット」は狭いわが家にはちょうどイイ!ってことになったのでした。

 これは副次的な効果なんですが。せまい家だからでしょうが、2階の寝室のドアをあらかじめ開けておくと、ストーブの上昇気流で2階の寝室も寝るころには暖かくなっていて、眠りやすい冬となりましたね。これは嬉しい誤算です。

光熱水費の比較

実際に灯油代として使った金額は以下の通り。1シーズンで20,385円かかりました。ちなみにハイペットに灯油を満タン給油(3.6ℓ)しての燃焼時間は12~12.5時間程度でした。カタログスペックとほぼ同等でした。

 2020.11.25追記、昨年の灯油代金は、高額だったことが判明。自分の情報収集能力の低さに反省。2020年度は、ご近所さんに格安店舗を教えていただき、購入することになりました。しかも、今まで買いに行っていた所よりも近いから時間も往復のガソリン代も節約できるやん!せっかくなので、その金額で、2020年度の灯油代金を再計算することにしました。

日にち 購入量(ℓ)

購入金額(円)

2019年度価格

購入金額(円)

2020年度価格

2019.12.7 36 3,825 2,160
2019.12.23 18 1,584 1,080
2019.12.29 18 1,584 1,080
2020.1.10 18 1,674 1,080
2020.1.18 18 1,674 1,080
2020.1.26 18 1,674 1,080
2020.2.2 18 1,674 1,080
2020.2.11 18 1,674 1,080
2020.2.22 18 1,674 1,080
2020.2.28 18 1,674 1,080
2020.3.14 18 1,674 1,080
合  計 216 20,385 12,960

※断然!今年度の灯油価格が安い結果に・・・。昨年の灯油代がウソみたい。

昨年の電気代と今年の電気代の比較を見てみると・・・

年 月 電気代(円) 前年同月の電気代(円) 差 額(円)
2019.12 13,377 14,172 795
2020.1 14,228 19,128 4,900
2020.2 14,561 17,091 2,530
2020.3 13,718 14,472 754
合 計 64,863 8,979

 灯油を使ったことで、電気代は8,979円だけ安くなりました。灯油購入額との差額は11,406円となり、灯油購入に多く出費することになりました。

 2020.11.25追記、2020年度は格安灯油店舗で購入し続けることと仮定すると、差額は3,981円となり、依然灯油の購入に多く出費することになりますが、これくらの差額(ひと月当たり約1,000円の増額)なら、石油ストーブの圧倒的な暖かさに軍配が上がるのではないでしょうか!?

 残念ですが、2019年度は光熱費としては、灯油を使用したほうが我が家では圧倒的割高という結果に。暖かさと金額はトレードオフですね。この結果を見て、来年はどうするか!?嫁さんと娘の意見を交えて検討することになりそうです。※上記追記により、家族での検討会なしで今年も石油ストーブを導入することに全会一致で賛成となりました。今年も暖かく冬を過ごせそうです。

※推察ですが、おそらく寒冷地になるほど、冬の電気代が高くなる傾向にあると思われるので、割高感は薄れるんじゃないかと思われます

まとめ

 今回、「フジカハイペット」を1シーズン使ってめちゃくちゃ良かったことは、エアコンよりも「とっても暖かく冬を過ごすことができたこと」です。コストパフォーマンスを考えれば、エアコンが一番いいのかも知れませんが、満足度で考えるとダンゼン!フジカハイペットですね。

 あと、洗濯物も屋内で干してもしっかり乾くのがうれしい。

お酒好きにはたまらない、熱燗も作れてプチアウトドア気分。

熱湯作って、熱いお茶は飲み放題、お風呂のたし湯にも困りません。

寝る数時間前に2階の寝室のドアを開けておけば温かい部屋で眠れます。

ちょっと光熱費が1シーズン4,000円くらい余計目にかかりますが、それでも私は「フジカハイペット」オススメします!

それでは本日も最後までお付き合いいただきまして、ありがとうございました!

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!