50歳から自分の好きな職業に簡単に転職できるの? ここは「がっちゃん 」が実際に体験した転職への道を記録するブログである

施設収入アップのためにも介護職員を外部研修に行かせて!

法人さん、職員を外部研修に行かせてあげて!

介護施設を運営している法人さん!結論から言います!

介護職員が外部研修に行くと、仕事に対する意識が変わります!

本人のモチベーションもあがり、業務効率化、稼働率アップひいては施設収入アップにつながります!

 研修に行くと様々な法人の職員さんとお話ができ、他の法人さんはどんなところが優れているのかどんなところで同じ悩みや苦労を持っているのか、同じ職種でも、他の人はどんな仕事をしているのか(業務役割や業務分担)他の職種の人はどんな仕事をしているのか(将来なりたい職種のことがわかる)様々な面で視野が広がり、刺激を得ることができます。

 また、研修はただ聞くだけのものではなく、ロールプレイ形式やグループディスカッション形式のものが多いので自分の考えを話すことにより自信にもつながります。休憩時間中に、自分の悩みを聞いてくれる先輩もいます。

 外部研修からいろいろなノウハウを持ち帰り、施設の問題点を解決してくれます。それらが少しずつ積み重なり、業務効率が改善されていきます。利用者さんの笑顔も増えてくれば、家族から口コミで、「あそこの施設はいいところ」と広げてくれます。すると、稼働率がアップし、施設収入がアップします。

職員採用も改善されます。「あそこの施設、働きやすいって。外部研修も定期的に行かせてくれるで。自分のスキルアップになるよね」

 外部研修に行った職員さんは口をそろえて必ず言います。

「勉強になった。また行きたいわ」職員のモチベーションも、どんどん上がります!

 大きい法人ならまだしも、小さい法人になると、職員研修がおざなりになっている法人さんが多いのではないでしょうか?現場の職員も「え!?こんな忙しいのに研修に人手が取られるの!?」と、あんまり歓迎ムードではないのではないでしょうか?

 私もグループホームの管理者時代は、小さい法人ゆえ人手がなく、なかなか外部研修に職員を出すことができませんでした。また、法人自体が年間研修計画をたてているわけではなかったので研修に行く機会を作りだすのは管理者の采配でした。

 現場のムードもよく知っていたので、そんなにしょっちゅう外部の研修に行かせることはできませんでしたが「施設の加算アップのため」「認知症の基礎的な研修だから」と上司や部下を説得し、年に6~8回程度は外部研修に行ってもらう機会を作りました。

 これでも少ない方でしょう。1年で少なくとも全職員のうち半数は外部研修に参加できるようにしたいものです。

新しくならないと法人も職員も、とも倒れする

 今後、介護報酬が上がる可能性は少なく、むしろ引き下げられる、もしくは算定基準が厳しくなると思われ、法人経営はまずまず厳しくなるでしょう。人材不足も、今まで以上に激化し、改善されることはないでしょう。

 すぐそこに迫る超高齢社会に、外国人労働者も入ってくるでしょう。外国人労働者が入っても現場職員は手間がかかるばかりです。特養の施設長時代に受け入れ事業を経験し、とても大変だったことを思い出します。一生懸命研修して一人前にしても、介護福祉士を取得したら、たいてい故郷へ戻ります。ホスピタリティあふれる外国人さんは、自分の両親を大切にします。また、日本で介護福祉士を取ったとなると、故郷に戻れば就職先もたくさんあるし、給料も日本並みにもらえます。別に異国で不便に暮らさなくてもいいのです。宗教や食べ物の問題も考えないといけません。イスラム教の人なら定刻に礼拝をしなければなりません。ハラールで食べ物や食器も限られるので、施設の食事は食べられません。

 現場の職員は、今以上に仕事が増えて大変になることでしょう。当然、法人も経済的な負担も多くなることでしょう。

 これでは、法人・職員ともに大変になるばかりです。

 今から介護職員に外部研修を受講してもらい、個人の仕事に対するモチベーションをあげ、業務効率化や稼働率アップにつなげ、サービスを向上させる。利用者・家族、介護職員に、満足度を上げることにより、法人にメリットが生まれる。法人優先で儲けることを考えているなら、今後間違いなく事業運営はうまくいかなくなる。

 施設数が増え、介護人材の不足が一層深刻化してくることでしょう。有能な介護職員を獲得するには今までとは逆の発想でないと不可能です。介護職員が満足できる待遇を提供しないと施設運営は成り立たなくなることでしょう。双方にメリットを生むようにするために、今から他の施設にないメリットを介護職員に提供してもらいたい。

 今働こうと目指しているIT業界も同じく人材不足。保育業界・外食業界も人材不足。人口減っているからどこもかしこも人材不足。どこの業界も優秀な人材を獲得するために必死。介護業界は政府の施策で、税金から処遇改善加算として人件費プラスしてくれているんですから、ぜひ他の業界以上に魅力ある業界にしてください!

 一生懸命働いている介護職員全員が「介護業界を選んで良かったわ」と心から言える施設づくりを目指してあげてください。

 そのアシストができるような仕事に就けるよう、私は今IT業界を目指して勉強中です。なんやかんや言っても、私は介護業界に未練があるのかも知れませんね。

それでは本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!