50歳から自分の好きな職業に簡単に転職できるの? ここは「がっちゃん 」が実際に体験した転職への道を記録するブログである

タネからミニトマト:チェリーメイトを育ててみる

どうも、がっちゃんです!

わが家の夏の家庭菜園の定番となったミニトマト。今まではホームセンターで苗を買って育てていたのですが、今年はちょいと時間もあるので、タネから育ててみることに。さて、うまく育って実がつくのでしょうか!?

タネを買ってきた

ホームセンターでタネを買ってきました。いろんな品種が出回っている中、今回は初めてタネから挑戦するのでスタンダードなものを買ってみました。これがスタンダードなのかは分からないのですが、写真の色や形から勝手にスタンダードなものと判断。

ミニトマトのタネはこんな感じです。小さいですね。食べるときに見てるのと変わらないですね。全部で52粒入ってました。これで2021年3月時点の価格は398円でした。

タネをまく

2021.03.18。朝から好天で暖かな日です。ポリポットにタネを植え付けていきます。小さいのでピンセットでつまみながら植えていきました。なんとなくタネっぽいのが見えるかな!?真ん中ちょい左とちょい右下に2粒ずつ植えました。以前、ご近所でいただいた「ミニ姫」とかいう品種の背が高くならないミニトマトを植えたとき、発芽率が100%だったので1粒ずつにしてしまおうかと思ったのですが、「全部発芽したらこの狭い庭のどこに植えるねん!」と一人でボケツッコミをしてしまい、2粒ずつ植えることにしました。

それでも、ポリポット25個に植え付けることになりました。え!?52粒だから26個じゃないの!?って!?なんか25個の方が数字キッチリなので、最後の2つのポリポットだけ3粒植え付けました。

うまくいけば、1週間から10日ほどで芽が出てくるはずです。

芽が出てきたよ

2021.03.27追記。今年はもう桜が満開です。早くても4月上旬くらいに満開を迎えるのですが、今年は春が早くやってきてくれたようです。タネをまいて9日目。芽が出てきました。

まだ一部のポリポットだけで、全部のポットが発芽していません。さて、発芽率100%を見越してタネをまきましたがポリポット全て発芽してくれるかどうか。

本葉も出だして、2つのポリポット以外は発芽しました

2021.04.11。2つのポリポット以外は、芽を出してくれました。タネを植えてから約1ヶ月が経過したので、2つのポリポットからはもう発芽しないかな。23/25なので92%の発芽率でした。

2021.04.15。それぞれの苗を1本立ちにしていきます。こんな感じ。

引っこ抜いた苗たち。毎度のことながらもったいない。

ちゅうわけで、今回はこの引っこ抜いた苗を、別の鉢に植え替えて育つかどうかの実験をしてみました。

気になる方は以下のブログを見てみてください。

そろそろプランターに植え替えるかな

 2021.04.30追記。たくさんあったポリポットもご近所さんにお配りして、残るは6つになりました。

 いつもゴールデンウイークの頃にはプランターに植え替えているのですが、植え替えるにはまだ少し小さいかなぁ。植え替えに頃合いの大きさになっているのもあるので、2つだけプランターに植え替えることにします。残りはもう少し大きくなってから植え替えることにしますかね。

更新する暇がなく、もう収穫も終わりに

 2021.08.10追記。4月から無事、社会人となりました。新しい仕事を覚えるべく、休日のたびに仕事内容を復習、そして自分の仕事マニュアル作りをしていたらもう8月になっていた。やっぱ夏野菜のブログは忙しくしている間にグングン育っていくから、ブログ見ただけで手を抜いているか一発で分かるよなぁ(笑)。

 今年は長梅雨もあり、収穫時期が短めでした。7月から収穫が始まりましたが、もうこの時期で、収穫が終わりに近づいてきています。いつもならもう少し収穫が楽しめるのですがねぇ。

 まぁ、この1.5ヶ月は毎日食卓の野菜サラダにはミニトマトがたくさん出てきたし、私の弁当の1品にも入っていたくらい収穫できました。種の購入費用398円と、牛糞代298円、化成肥料代金や水道料金はどれくらいかかったか不明ですが、トータルで1,000円くらいの出費だとすれば、十分モトが採れたんじゃないですかねぇ。

 来年は購入した種を半分くらいだけ育てて、半分の種は年越しさせて発芽するかどうかを確認してみたいものです。

それでは本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!