50歳からの人生 自分の好きなことやって生きていくことができるのか!? ここは「がっちゃん 」が実際に体験したことを記録し、楽しく人生を過ごせるためのヒントをさぐる研究所です!

ミニトマト(千果)の苗をお得に増やそう!

どうも! 職業訓練生のがっちゃんです!

ただいま長期人材育成コースの「情報セキュリティ管理者資格」2年コースを絶賛受講中です!50歳にして、介護の世界からIT業界への転職を目指しています!

今年も我が家の夏野菜の定番、ミニトマトを育てます!いつもはホームセンターで、4~5株くらい買うのですが、今年は株を増やす秘策があって1株だけ買うことにしました!

株を増やしてたくさん収穫できれば、大儲け、いや、夏の食卓もにぎやかになるというものです。果たして、秘策は成功するのか!?

わき芽で苗を増やす作戦

ミニトマトの品種も、た~くさん!お店にならんでいて、どれを選んでいいか、悩みますよねぇ。私もその一人なんです。毎年品種を変えて色々と買っています。

こんなことを言ったら営業妨害なんでしょうが、品種改良された、お高い苗も普通の安い苗も、プランターで育てる限りは、そんなに収穫量が変わらないような気がしますし、味もそんなに変わらないかな、と。

どちらかというと普段のお世話で収穫量が変わるんじゃないかと思います。

とはいえ、毎年トマトは植えていると、連作障害というやつが気になります。同じところに同じ野菜を植え続けていると、収穫量が落ちたり、病気になりやすくなるんです。そんなことが気になり、今年は病気に強い接ぎ木苗を購入することにしました。ひと株198円で普通の苗の3倍くらいです。

2019.04.28、苗を植える。

実家で眠っていた直径35センチくらいの植木鉢に植えました。2019.05.08、10日くらいたつと、こんな感じに。

上のように、100均で買った2メートルの支柱を立てて倒れないようくくりつけました。トマトの成長はとっても早いんですよ。とっても大きくもなりますから、2メートルくらいの長さの支柱は必須です。

2019.05.21、20日くらいたつと、こんな感じに、葉っぱの付け根からわき芽が出てきます。

これを全部ほったらかしにしてしまうと、葉っぱばっかりのミニトマトになってしまいます。ですので、これを手で、むしりとっちゃいます。ハサミとか使わずに手でむしってあげて下さい。ハサミだと細胞を切ってしまい、病気になりやすくなります。できれば晴れの日にすると、なお病気になりにくいです。

秘策!わき芽で苗を増やす作戦!

今年の秘策は、このむしりとったわき芽です!

2019.05.21、わき芽をわざと、ちょっと大きくしてからむしりとり、こんなふうに小鉢に植えます。

茎を半分くらい埋め込みます。実は去年お試しでひと苗だけやってみたんですが、これが大成功!

これを試してみたきっかけが、たまたま、大きくなったトマトの茎から根っこのようなものが出てきていたのを見たんですね。

こんだけ成長が旺盛で、こんな茎の途中から根っこみたいなのが出るくらいなら余裕で挿し木みたいに増やせるんじゃないかな? と思ったのがきっかけです。やってみたらすんごく成長するし、収穫量も普通くらいでした。

で、それに気をよくして今年は、苗は1本だけ買って、あとはこのやり方で苗を増やしていこうという計画です。今年もうまくいけばいいのですが・・・

わき芽で苗を増やす計画、順調!

植えはじめて数日は葉っぱがナヨっとしてしまい、やっぱ枯れちゃうんじゃぁ・・・と思うのですが、3~4日日すると、葉っぱもシャキーン!としてきます!

2019.06.15、途中の写真をどこかにやってしまったので、急に大きくなった写真になりますが・・・。

本当はひと株ずつ植えたいところでしたが、植えるとこがなくって二株一緒に植えています。わき芽でこんなに育ってくれますもんね。今年はどれくらい収穫できるのか、楽しみですね。

2019.07.06、わき芽を育てた苗もこんなに大きくなりました。花もたくさんつけてくれています。

本体の苗も順調に育っています!

ホームセンターから買ってきた本体の苗も順調に育っています!2019.07.05、実もたわわにつき、赤くなってきだした実も出てきました。

もう少しで、今年初の収穫になりそうです!

他の野菜とともにミニトマト初収穫!

2019.07.16、数個ですがミニトマトも初収穫。ちょっと待ちきれずに早めに収穫した感じで、ヘタがはずれちゃってます。完熟してたらヘタもいっしょに収穫できますもんね。ちなみにトマトは赤くなっただけでなく、実についているヘタが反り返ってきたら収穫の目安です。

今年も甘味は抜群ですが、果皮が固いですね。絶妙な水分管理をしないと、果皮をやわらかくしつつ甘くするのは難しいそうですから、シロウトならこれくらいで合格でしょう。

毎日こんなに収穫できます!

2019.07.19には、もうこんなに収穫できるようになりました。これから毎日のようにこれくらい収穫が続きます。食卓には毎日のようにミニトマトが並び、当然昼食の弁当にもミニトマトが入ってきます。

あと、BBQとかでミニトマトを焼くと、甘味が強くなって美味しくいただけますよ。子どもがこれにハマっていて、我が家はBBQをするときは必ずミニトマトを準備します。

まとめ

 ミニトマトは比較的病気に強く、虫も寄り付きにくいので家庭菜園初心者には超オススメです!収穫もたくさん見込めます。子どもさんといっしょに楽しく野菜を育ててみてはいかがでしょうか?

 あと、わき芽を育てた苗は、本体と比べてあまり実を付けませんでした。収穫量は少なかったですね。収穫を多くするなら70円くらいケチらず、普通の苗を購入したほうがよさそうです。

追記2020.04.06

 今年は暖冬ということもあり、少し早めにミニトマトを植えました。60センチ幅のプランターに2株。収穫重視でそれぞれの株を2本だちにしていこうと思っています。

追記2020.05.15

 早くも実がつき出してきました。今年は面倒臭かったので実付きがよくなる「トマトトーン」は吹き付けませんでしたが、キチンと実がついてくれました。今年は狭い庭にいろいろな花が咲き、ハチがたくさん来てくれていたからかも知れませんね。背丈も60センチになり、2本だちにしていることもあり、葉っぱが生い茂っています。脇芽かきも大変です。無駄な葉っぱも取って風通しをよくしてあげて、虫が付かないようにしてあげないといけませんね。

それでは本日も最後までお付き合いいただき、本当にありがとうございました!

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!