50歳から自分の好きな職業に簡単に転職できるの? ここは「がっちゃん 」が実際に体験した転職への道を記録するブログである

亀泉:純米吟醸生原酒はパイナップルのような香り!?

  • 2021年3月14日
  • 2021年3月14日
  • 日本酒
  • 23view

どうも! まもなく職業訓練学校を卒業するがっちゃんです!

 私の勝手な意見ですが、日本酒は冬から春にかけてが一番美味しく飲める季節なんじゃないかと思っています。そんなわけで、最近色々と飲ませていただいた日本酒の中でも、ちょっと珍しいお酒を紹介したいと思います。

 それがこちらの高知県のお酒、亀泉(かめいずみ)です。

 いつもお世話になっている、鳳の酒屋さんの店主曰く、酵母「CEL-24」を使っている日本酒は珍しいそう。もともと高知県の工業技術センター平成5年に開発された酵母だそうで、高知県のお酒数種類で使われているだけだそうです。この酵母の特徴として、アルコール度数は低く、フルーティーで甘酸っぱい香り成分を出すそうです。で、店主曰く、「甘酸っぱいパイナップルのような香りがしますよ!」と言われていました。

 メロンとかマスカットのようなフルーティーな味わいは聞いたことあるけれど、パイナップルのような、って、そんなに香りが強いのかなぁ。

 そんなことは話を聞くより飲んでしまえば分かること。さっそくいただきます。普通は香りが強い日本酒にはお刺身よりは、味の強い料理に合うと言われていますが、私は断然日本酒&お刺身派です。日本酒の香りが強いといえども、そんなクセのある香りでもないので、全然問題ないと思っています。濁り酒はさすがに私もちょっと合わないと思いますが・・・。

 では、いただきます。開栓しただけで華やかな香りが広がります。白いお猪口に注ぎます。わずかな炭酸があると伺ってましたが、炭酸はありませんでした。まずは香りを楽しみます。香りが強いですが、甘ったるさはありません。むしろフルーティーな優しい香りが鼻の中に広がります。

 口に含んでみると、とたんに爽やかな香りが広がります。少し甘めのフルーティーで酸味のある味。店主さんの言われていたパイナップルのような香りというのはこのことかぁ。パイナップルの香りが前面に押し出されているわけではありませんが、確かにメロンやマスカットというよりも、強めの酸味と香りが広がります。

 今回の酒の肴は「真鯵のお刺身」と、「ウマヅラハゲ&肝のお刺身」です(子どもたちは奥の方で焼肉です)。亀泉は強い香りで少し甘めですが、後味はスッキリです。ですからお刺身の味をかき消すわけでもなく、より一層お刺身を美味しくいただくことができます。ウマヅラハゲの肝のような脂っこいものを食べた後に亀泉をのめば、口の中をキレイにリセットしてくれます。

 嫁さんとあっという間に5合飲んでしまいました。おっと、残りは1週間後にいただきます。生酒は、開栓後に味が変わっていくのを楽しめるのがいいですよね。少し置いた時、どのように味が変わるのかを検証です。

 1週間後、再びいただきます。おっと、ちょっと香りが軽くなっていますね。開栓したときの強い香りが柔らかくなっています。喉越しも少し甘さが残ります。私の好みですが、飲み頃は開栓直後が一番ベストかなと感じました

 高知県のお酒といえば「司牡丹の船中八策」のように辛口ばかりと思っていましたが、このお酒で高知県のお酒の見方が変わりました。しばらくは高知県のお酒を研究させていただきことにしましょう。

それでは本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!