50歳から自分の好きな職業に簡単に転職できるの? ここは「がっちゃん 」が実際に体験した転職への道を記録するブログである

悲報!「菊鷹」終売!そして「光栄菊」誕生!

  • 2020年1月20日
  • 2021年1月8日
  • 日本酒
  • 709view

どうも!職業訓練生のがっちゃんです!

ただいま長期人材育成コースの「情報セキュリティ管理者資格」2年コースを絶賛受講中です。

50歳にして、介護の世界からIT業界への転職を目指しています!

悲報!菊鷹が現在庫をもって終売します!

 全国の菊鷹ファンの皆さま。残念なお知らせがネットを騒がせましたね。藤市酒造の「菊鷹」が30BYの製造を最後に作られなくなる、というものです。杜氏の山本克明さんが、佐賀県の光栄菊酒造さんに移籍され、引き継いでくださる杜氏さんもなく菊鷹ラベルは終売となってしまうそうです。酒屋の店主さんから勧められ、大ファンになって4年、お別れの日がこんな早くにやってくるとは!あの酸味が強めでフルーティーさがたまらない日本酒が味わえなくなるなんて!最後にもう1回味わいたい!

 急いでなじみの酒屋さんに電話をすると「菊鷹さんの件は残念でしたねぇ。在庫ですか?あとわずかですがありますよ。今日は午後7時まで開いてますよ。ほんとに在庫が少なくて、なくなってしまうかも知れないので、お取り置きしてしておきましょう。」なんと優しい店主さん!お言葉に甘えることにして「ハミングバード取っといてください!」。

山本さん、ヘッドハンティングされたんだって

 日本酒業界も杜氏さん不足で、取り合いなんですねぇ。酒屋の店主さんに聞くと、山本さん、ヘッドハンティングされたそうです。日本酒の業界も大変なようで、正社員雇用は少なく、半年契約みたいなことが多いそうです(そういやお酒作りは秋から春くらいまでですもんね)。だから年収にすると結構お安いんだそうです。あ、山本さんがそうだったわけではないので、そのあたり誤解のないようにしてくださいまし。

 好条件の給料を提示されれば転職するのは、伝統的な日本酒業界にもあるんすねぇ。人情とか、気持ちだけでは生きていけない世の中になってきてるもんねぇ。

2006年廃業の「光栄菊」復活へ!

 山本さんが移籍されたのは、150年の歴史を持つも、2006年に廃業した光栄菊酒造さんです。詳細は酒屋の店主さんからいただいた「佐賀新聞」のPDFを貼り付けますので、お読みくださいまし。

koueigiku1

光栄菊を飲んでみた!

 今年復活させたばかりの光栄菊の味が、どれほどのものなのか!?実際に飲んでみましょう。今回入荷していたのが「SNOW CRESCENT 無濾過生原酒」アルコール度数は14度と控えめ。天野酒の山本スペシャルや菊鷹シリーズのような出来栄えなのか、それとも別の路線の味を魅せてくれるのか!?楽しみな瞬間です!

 もう一つ、黒っぽいラベルのヤツ「Hello! KOUEIGIKU」とかいうのがあるそうですが、今回は入荷されておらず、試飲できませんでした。

 さて「SNOW CRESCENT 無濾過生原酒」です。封がプラスチックになって今どきですね。切れ目で指をケガすることがありません。ちょっとした気づかいを感じる。封を開けると「ポンッ」と、溜まっていたガスが抜ける音。そこにはオリが沈殿しています。おちょこに入れて、まずは香りをいただきます。やわらかでフルーティな香りが漂ってきます。私の好みの香りです。ではひと口。少しガスが残っていて、チリチリと口の中を刺激します。酸が効いていて、バニラ感のある風味。フルーティですが、何の果実に例えたら良いのか、いろんな果実の風味が混じっている。強いて言えばバナナか!?いやグレープフルーツっぽいな。菊鷹や山本スペシャルと、源流は同じなのだが全く違う仕上がりである。

もっと突っ込んでお酒の味を書いていこう。

 いける!いくらでも飲める!味も香りも強く表に出してこないので、繊細な味付けの料理に合う。クセがないので日本酒の初心者にはとてもおすすめできる1本に仕上がっていると思う。

 ここからは私個人の感想。刺身にも合うが、この酒とは相乗効果がいま一つ楽しめない。次はお酒だけで楽しんでみる。スイスイ飲めるが、お酒だけでは物足りなさを感じてしまう。つい「菊鷹」と比べてしまうのだが、あのハッキリと主張してくる味と香りが、このお酒にはない。クセがないので面白みがない、と言ったところか。初めての土地で初めての機材を使って、1年目にしてこの出来栄えなら良いのだろう。しかし、飲む側の立場だけで言わせてもらうと、このままでは勿体ない。このままでは他のお酒と同じで埋もれてしまう。ただの「美味しいお酒」だけになってしまう。しかし、あの山本さんである。もう少ししたら味が変わるかも知れない。それを期待して、少し時間をかけて味わっていきたい。

 2回目、開栓して3日経過した。先日と比べ、味に腰が出ている。お酒としてより楽しめる味になっている。もう少し時間をかけて飲めば、味わい深くなりそうだ。しかし、あの菊鷹には、今回は及ばないなろうな。来年に期待したいと思う。

 せっかくご縁があって移籍したんです。山本さん、菊鷹を超える「感動するお酒」をつくってくださいね!

それでは本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!