50歳からの人生 自分の好きなことやって生きていくことができるのか!? ここは「がっちゃん 」が実際に体験したことを記録し、楽しく人生を過ごせるためのヒントをさぐる研究所です!

ZEONIC BANDAIからザクが届いた!ハンガーデッキ作ってみた!

 どうも! 職業訓練生のがっちゃんです!

 50歳にして、長期人材育成「情報セキュリティ管理者資格」2年コースを絶賛受講中です!

 いやぁ、もう去年の秋でしたかね!?2019年10月にSTEM(Science Technology Engineering Mathematics)教育用にバンダイが二足歩行ロボット「ザク」を商品化、ただいま予約受付中!数量に限りあり!とかいう話をネットで見たんですよ。しかも「You Tube」でマスコミ発表の時の映像や、歩行シーンの映像やらもアップされていて、それを見るたびにガンダムファンとしては「これは早いとこ予約せんと売り切れるで!」と、急に自分がガンダムファンであることが呼び覚まされ、その場の勢いで予約注文した。

 2020年03月配送予定が、「なんとかコロナとかいうウイルスが流行」という世界中を恐怖のズンドコに陥れた事件により2020年05月に配送がずれ込んだ。実際届いたのは2020.05.30であった。

 届いた頃にはもうすでにあの時の勢いはなくなり、メルカリを使って自宅で断捨離実行が、マイブームの頃合いである。「メルカリで転売したら儲からないかなぁ」などと邪念が頭をよぎる始末。

 そこは気持ちをちょっと抑えて、届いた箱を開封。横から嫁さんが「また無駄な買い物して・・・」いやいやこれはSTEM教育用に購入した教材なんですよ。ここは褒めるところですよ、と声に出す勇気がないので、心の中で言ってみる。

 

 お!おぉぅ!?そういやザク本体とハンガーデッキも一緒に購入していたっけなぁ。そういや二つで11万円くらいだったか!?勢いで買うには結構な金額。今なら絶対3Dプリンター買うだろうなぁ・・・。などと思いつつなおも開封を続ける。

 まずはザク本体から。

 あぁぁ。そういやこれガンプラみたいに自分で組み立てるヤツやったなぁ、箱から出したらすぐに遊べるようにはなってなかったなぁ。そうそう、これ遊ぶためのものじゃなかったっけな!?STEM教育用の教材だもんな。組み立てながらロボット工学を学べるんだわな。

 予定通りに配送していてくれてたら、コロナで休校の最中やったから、すぐにでも組み立てようか、となったところだが、今はもう学校も再開、新たにサーバー構築やらパソコンと物理的にブリッジ接続せぇ、とかなんとかややこしいこと言われていて、それを勉強するのに懸命な時期。

 組み立てるのはもう少し先になりそうだなぁ。と思ってしまったが最後。組み立て時期を逃してそのままメルカリ送りになってしまうかもしれない。キチンと計画を立ててSTEM教育に勤しもうではないか。

 次にハンガーデッキも見ておく。本体が組み立て式だから、当然ハンガーデッキも組み立て式やわなぁ、ってやっぱ組み立て式かいなっ!?

 こっちはSTEM教育と関係ないから、もしかしたら完成品が入っているかも!?と一縷の望みを考えてはいけなかったのだ。天下のZEONIC BANDAIだわ。プラモデル感覚で当然発送するわなぁ。

 もうちょっとしたらガンプラみたいに組み立てが面倒な方向けに「ロボット魂」あたりで組み立て済みの「二足歩行ザク」とか販売されるんちゃうかなぁ、とか勝手に妄想する。そういや、ロビだって最初は組み立て式だったけど、あとで組み立て済みのロビが販売されたよなぁ。

 いやいや、アカン。これはSTEM教育用の教材です。組み立てながらロボットの仕組みを理解していかなければなりません。

 時間作って組み立てて行こか。これはあくまでも勉強やから、ね。

ハンガーデッキ、ボッタクリすぎやて

 2020.06.07追記。さすが!バンダイさん!STEM教育でも悪どい商売してますなぁ。まぁ、バンダイ商法は皆さん、よくご存知のことかと思いますが。

 ハンガーデッキ、組み立ててみたけど、30分くらいで出来上がり。しかも何のギミックも装備してないやんか!これで16,000円くらいするんやけど。タラップがちょっと動くくらい。せめてタラップがスイッチ入れて電動で動くような作りとかないんかいな。デッキの高さ変更できるとか。ホンマのハンガーデッキしか機能がないわ。アカン!そんなボッタクリみたいな商売してたら、ファンは付いてこんようになるで。

 メガサイズガンダムでも6〜7千円で販売してるんですから、これは4〜5千円で販売できるでしょう!?将来を夢見る子どもたちから、あんまりお金を取らないで!ってかやっぱ大人のガンダムファン目当てに作ったとしか思えないな、これ。

 1/60PGシャアザクさんに登場してもらい、デッキにドック入りしてもらおうと思ったら、タラップの可動域が悪すぎて、タラップ外さないと入れん状態やった。で、シャア少佐激怒でタラップを無理やり外すの図。

 パーフェクトグレードのガンプラよりも大きいハンガーデッキやな。ホンマにこのハンガーデッキ、役に立つんかな。役に立たんようやったら、シャア少佐激怒でザクマシンガン打ってハンガーデッキ粉々にされそうやわ。

 取扱説明書も完成イメージ図が入っているだけ。豪華な箱に「取扱説明書」同梱とか買いてたけど、サイトから取説を引っ張ってこいって。どんだけコスト削減するねん!?まぁこれもSTEM教育の一環で、インターネットからPDFファイルくらいダウンロードでけんかったら、これから先、STEM教育なんて、ついてこれまへんで!ってことっすか!?

 これだけ大きいからスナップフィットで組み立てるわけもなく、3φ×8ミリとかの小さいビスでつなげていくねんけど、もうちょっと大きめのビスでないと、キチンと組まれへんで!っていうとこがあった。ザクを待機させているときにバラバラにならんことを今から祈ります。ってか手持ちのビスに変えて組み立てたわ!

 あと、ハンガーデッキの手すりが雑すぎ!あれ、穴に入れただけですよ。すぐに外れますで。キチンと接着剤で付けないと絶対に紛失する!

 あと、裏からはもう見るに耐えない姿です。せめてザクに付属する小物などを収納できるようなものをくっつけてくれてたらなぁ。

 というがっかりな内容のハンガーデッキの報告でした。ザク本体は期待どおりの作りであることを祈りましょう!

 この続きままた!

 それでは本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!