50歳から自分の好きな職業に簡単に転職できるの? ここは「がっちゃん 」が実際に体験した転職への道を記録するブログである

白山白川郷ホワイトロードを走ってきた

  • 2019年11月6日
  • 2020年4月17日
  • 旅行
  • 614view

どうも!職業訓練生のがっちゃんです!

雇用保険受給者の貧民の身ではありますが、たまには、いや時間があればいつでも旅に出たいと思っている今日この頃です。

でも最近は、大雨やら台風やらで、なかなかお出かけできません。

我が家も先月の長雨で、1階の子ども部屋の壁紙がふやけて大変なことになっています。

それでも久々の行楽日和の休日がやってきたので紅葉を見たいと思い、家族4人で車中泊の貧乏旅行に出かけてきました。

向かうは「白山白川郷ホワイトロード」

大阪周辺では、まだまだ紅葉前線がきていなので、少し遠出をしようということとなり、昔買った古い地図とにらめっこ。

すると、「白山スーパー林道」の文字が飛び込んできました。

ここは開通当初より、「終日二輪車通行禁止!」というライダーにとっては理不尽な掟があります。

私もライダー時代にここを訪れたのですが、「土日祝日だけ通行止めでしょ!?」と思ってきたら「終日通行禁止」の文字を見てガッカリした覚えがあります。

今回はクルマだから、そんな心配はありません。

ですが、昨今の自然被害によって通行止めになっているかも知れないので、まずはネットで確認です。

やはり土砂崩れなんかがあって、予定通りの開通はできなかったようですが、1か月遅れで開通しているようです。

※例年、11月上旬頃~翌年6月頃まで閉鎖期間となっています。

というわけで、大丈夫そうなので数十年ぶりに訪れてみることにします。

大阪から「白山白川郷ホワイトロード」のある石川県白山市まで約330キロ、高速道路を使って現地まで行けば、約4時間30分くらいで行けそうです。

高速道路ばかりで行くのもオカネかかるし、面白くないので滋賀県の栗東あたりで国道8号線をブラブラ北上して現地を目指そうと計画。

午前7時30分に自宅を出発し、すぐに高速道路へとスイッチ。

はじめは道も空いていて、順調にすすんでいたのですが、名神高速道路に入ると、雲行きが怪しくなってきた。

道路情報に「この先渋滞20キロ」の文字が。

続いて「栗東まで100分」の表示が。

「この先渋滞20キロ」だと!

「栗東まで100分」!?

せっかくオカネ払って高速道路乗ったのにどういうことだ!

高速道路の料金体系を絶対変えるべきだ!

渋滞キロ数に応じて「料金割引」してくれ!

気持ちだけでいいから、何とか検討してほしいものだ。

そんなわけで栗東インターで降りる予定でしたが、そのまま高速道路を直進、北陸道にスイッチし敦賀インターで国道8号線に降りることにしました。

越前海岸に寄ったりしたもんだから、結局「白山白川郷ホワイトロード」に到着したのが午後5時ごろだ。

道路は午後5時以降閉鎖されるので、翌朝行くことにする。

本日の宿泊場所は道の駅「瀬女」とする。

「白山白川郷ホワイトロード」の近くにある道の駅「瀬女」。

こんな風に、とっても駐車場が広い。

道の駅の裏にも、だだっ広い駐車場。

この辺りは雪が積もるので、除雪車を置いておく場所もかねて駐車場を広くとっているのかな?

「味噌煮込みうどん」屋さんに「コーヒー」屋さん、「豆腐」屋さんもありますな。

おぼろ豆腐が美味しそうだったので、お土産として購入。

メインの道の駅内では、焼き立てパンを売っているようだが、夕方だから1個も売ってない。

あとは地酒やら味噌やらなんやらを売ってますわ。

道の駅で働く皆さんの邪魔にならないよう、隅っこに駐車して車中泊をすることにします。

車中泊にも慣れたもので、10分程度で車内を車中泊モードにトランスフォーム。

昼食とったのが3時頃だったので、あんましお腹が空いていない。まぐろと焼き鳥の缶詰を肴にビールで乾杯!

子ども達はお菓子食べながらゲームしてくつろいでます。

トイレに行くため車外に出ると、満天の星空。

何の星座か分からんけど、きれいな星でした。

いよいよ「白山白川郷ホワイトロード」に入る!

午前8時から「白山白川郷ホワイトロード」に入れるので、それに合わせて準備をすることに。

朝食も少なめで、カップラーメンとフリーズドライの鮭の味噌汁を4人で分けます。

こんな風に文字にしたらホンマに貧乏くさい旅行やなぁ。

今朝の気温は5℃でした。

どおりで夕べは寒かった。寝袋からちょっと腕を出してたらめっちゃ寒かった。

腕が寒くて起きたもんね。

おっと。もう料金所です。

料金支払うとこんなパンフレットもくれます。

スマホのない私にとっては、とっても大切な情報源。

これ見ながら白山白川郷ホワイトロードを走ることにします。

走り出してすぐにある「しりたか滝」。

ちょうど陽が差し込んできて、紅葉が映えます。

蛇谷大橋周辺です。白山白川郷ホワイトロード自体、起伏が激しいので、頂上付近はもう紅葉が終わっていましたが、走り出した辺りが一番紅葉が綺麗に思いました。

蛇谷園地の駐車場からです。

この辺りも綺麗でしたねぇ。

こちらが白山白川郷ホワイトロード一番の見どころ「ふくべの大滝」です。

ま、大きい滝は滝なんですが、可もなく不可もなく、何の特徴もない滝です。

「ふくべの大滝」から少し下がったところにある、名もない滝、というかただの水が通る道みたいなとこです。

こっちのほうが、私は気に入っています。

白山白川郷ホワイトロードの頂上付近になる「三方岩駐車場」。

ここからは岐阜県になります。

もう紅葉が終わってますな。

三方岩駐車場からUターンします。

ちなみに岐阜県側の料金所手前でUターンすれば片道料金で戻ることができるのでお得ですよ。

ここは「白山展望台」。

遠くに白山が見えます。

ここはススキも綺麗でした。

約1時間30分ほどかけて白山白川郷ホワイトロードをゆっくり走りました。

紅葉もすすきも綺麗な白山白川郷ホワイトロード。

紅葉を綺麗に見るには、朝早くか夕方に行くことをお勧めします。

朝と夕方の太陽の光は紅葉をより一層綺麗に見せてくれますよ。

おまけ。お土産はこれを買ってみた。

貧乏旅が基本なので、お土産を買うことは滅多にありません。

今回はたまたま車中泊をした道の駅「瀬女」でお祭りの一環で、ご近所の主婦たちの手作り料理を売っていた。

安くておいしそうな酒の肴を売っていたので、ちょっと買ってみた。

「にしん大根」300円

魚のにしんと角切り大根を、麹で漬け込んだもの。

今まで食べたことのない味付け。

にしんがちょっと生臭い。

麹に漬かった大根がうまい。

「かっちり豆」200円

食感がしっかり残った豆。

甘辛く煮込んでいて、触感とともに楽しめる味。

「なんば味噌」200円

唐辛子を混ぜた辛いお味噌。

写真にのってないけど「おぼろ豆腐」350円

大豆の味がしっかり楽しめる豆腐。

久しぶりにホンマの豆腐を食べた。

いずれも日本酒にあう料理。

かと思えば白ご飯と一緒に食べても美味しかった。

今回はお得にお土産を買えた。

お得で美味しいお土産に出会うと、うれしくなる。

地元の人としゃべりながら買うと、もっとうれしくなる。

これが貧乏旅のだいご味。

地元のスーパーの総菜コーナーとか缶詰売り場でも、お得にお土産を買えますよ。

それでは、本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!