50歳から自分の好きな職業に簡単に転職できるの? ここは「がっちゃん 」が実際に体験した転職への道を記録するブログである

IT企業の実習に行ってきた

どうも!職業訓練生のがっちゃんです!

ただいま、長期人材育成「情報セキュリティ管理者コース」を絶賛受講中です!

 先日、2週間の企業実習に行ってきました。職業訓練のひとつで、これから就職するIT企業が、自分にマッチしているのかを確認するための「職業体験」というところでしょうか?そういや我が息子も先日、職場体験で「TSUTAYA」に行ってきたとか言ってたなぁ。

 実習期間は2020年3月9日~19日。せっかくの貴重な企業実習なので、ちょっとご紹介したいと思います。

企業実習先は7社から選択

 キャリアコンサルタントさんのコネで企業実習先を探してくれたのは、7社でした。っていうか、職業訓練なので、企業実習先は大阪府で準備してくれるのかと思いきや、学校で準備しないといけないようですね。

 そんなわけですから、学校のキャリアコンサルタントのコネ次第で、企業実習先の選択肢が多かったり少なかったり。はたまた、実習内容の充実加減も決まってしまうようですね。企業実習が始まる前に、企業実習先の会社説明会があります。そこで会社概要と実習内容の話があるので、自分が気になる会社を実習先に選ぶという寸法です。自分のやりたい仕事がだいたい決まっていれば、やりたい仕事に近い会社概要を説明してくれた会社にすれば、就職後の仕事を疑似体験できるというわけですね。

 私の場合、ゴリゴリのプログラマを目指しているわけではなく、今までのキャリア、介護業界で働いていたノウハウを活かせる仕事を考えています。そんなわけですから、お客様の悩みを聞いて、それをITで解決できる方法を提案できるような仕事を考えています。お客様も、介護業界、少し広めて福祉業界のお客様と仕事をされている会社があれば、企業実習でお世話になろうと思っていました。

 今回ご紹介があった企業さんは、以下の7社でした。

・MC社(3名受入予定)…H2年10月設立。従業員103名(うち女性5名)。平均年齢29.4歳。東京、大阪、福岡に拠点。携帯キャリアの料金システム、航空管制システム、裁判所のポータルシステム、学生支援SNSサイト、レコメンド検索システムなどを主な業務としている。一次請けの仕事が多い。企業研修は「高校生模擬試験受験採点結果システムの再構築」

・S社(3名受入予定)…S51年3月設立。従業員110名。パチンコ系組込ソフトとハードの設計開発が主力。東京、大阪、秋田、鳥取に拠点。大阪では、電子機器制御、大規模画像処理エンジン開発、ディープラーニングによるプリント基板検査、などを開発。企業研修は「ラズパイ、カメラモジュールを使って疑似的に開発経験。研修後、週に1・2回通いで課題をこなしてもらってもOK」

・QC社(3名受入予定)…H15年4月設立。従業員40名。金融系サーバ、Web、システム開発。東京で10年契約の受注案件を取得。今回の企業実習は採用後、東京勤務前提での実習になります。

・V社(3名受入予定)…H17年5月設立。従業員15名(うち女性7名)。Webデザイン、ナイト向けPOSシステム、教員採用判定システム、パチンコ台在庫管理など多業種のオリジナルシステム、パッケージシステム。企業実習は「今の仕事内容を見てもらう。先輩と一緒に学ぶ場を考えている」

・NI社(3名受入予定)…H30年8月設立。従業員16名(うち女性2名)。ヘアサロン系Webデザイン、生保・銀行系の与信システム開発。予約管理システムの部門を新規設立予定。企業実習は「未定」。

・P社(3名受入予定)…H3年3月設立。従業員160名。大阪は35名在籍(うち女性2名)。スマホカメラミドル開発、ホームセキュリティ、重機自動制御開発、手術機材管理システム。企業実習は「業務管理ツールの使い方、開発環境構築、LED制御、温度・加速度センサー読み取り、画像処理、オブジェクト認識、欠陥検査」

・I社(1~2名受入予定)…H15年4月設立。従業員7名。旅行代理店のシステム、Webデザイン、ポータルサイト。業務システムのWebアプリ化。企業実習は「Web開発、ポータルサイトCMSのひな形の構築。実習生の習熟度・好みによりバックエンド側のサーバ構築、フロントの演出を検討」

 以上の7社を紹介してくれました。福祉系のアプリ開発をしている会社は残念ですがありませんでした。ですので私は、システムの開発、提案などが見れるであろう「V社」さんを実習先に選ぶことにしました。

 キャリアコンサルタントさんいわく、「実習では技術は二の次、人柄を見てくれます」「どこの企業さんも、採用前提で実習受け入れをしてくださっています。ぜひ内々定を取ってきてください!」と言われていました。50のオッサンでもホンマに採用前提で実習やってくれるんかなぁ。

企業実習心得

 「ええ年の社会人に何をいまさら」という人が多いのだろうと思います。でもね、世の中には、ホンマに常識外れの行動をする人が結構いるそうです。そんな心ない先輩のために、実習先にと名乗ってくださった企業さんから、「受け入れお断り」を言われることも多いそうです。せっかくのキャリアコンサルタントさんのコネと顔に泥を塗る人が後を絶たないということで、私たちにも企業実習心得のお話がありました。

初日は必ずスーツで行け

 企業実習に行くんだから当たり前、と思うのですが、我がクラスの人にも「え!?企業実習はスーツ着て行かないとダメなんですか?」と質問する人がいました。学生じゃなく社会人なんだから、こんな発言はやめましょうよ。学校に通っているからって、学生気分に戻らなくてもなぁ、と思うのです。「二日目以降は、どんな服装で行けばいいかは、各企業さんに聞くこと」とキャリアコンサルタントさんは言ってくれました。

 優しいお言葉です。「たった2週間なんだから、キチンとスーツで行きなさい」と言ってもいいと思います。ホントに就職したいのなら、当たり前に2週間、スーツで行くと思いますがねぇ。

実習先で「わたし、ここに就職する気ありません」と言うな

 「先方さんは、採用前提で実習を受け入れてくれます。」とキャリアコンサルタントさんが事前に言っているにもかかわらず言う人がいるんですねぇ。大人なんですから、就職する気がないと思ってても、その企業さんの目の前で言わなくてもねぇ、と思います。「私、御社に就職する気、満々です!」で、いいじゃありませんか!ホントに内々定をいただけたら、その時に本気で就職するかを考えればいいわけです。世の中、そんな簡単に就職できませんよね。相手さんだって選ぶ権利あるっての。

社員さんに上から目線でしゃべるな

 年上で、シゴト歴が長いから先輩風を吹かせる訓練生さんもいるそうです。実習先の若手社員さんに、上から目線でしゃべり続けるから、若手社員さんが「あの実習生さん、辞めさせてください!」と苦情の電話が実際にあったそうです。実習生と言う立場を忘れる人がいるんですなぁ。

セキュリティには十分に配慮すること

 実習先のPCに自分のUSBメモリを刺さない。

 社員さんがPCのパスワードを入力しているときは見ないようにする。

 実習先のFAXなどを使って外部送信しない。

 実習先で作成した資料等は許可なく持ち帰らない。

 情報セキュリティ管理者資格コースを受講中の人なら、当たり前のことですね。これくらいの配慮は一般のシチュエーションでも守って欲しいですね。

 とまぁ、普通にしていれば問題ない「企業実習心得」ですが、今一度、他人事と思わずに自分の行動や言動をチェックしてみましょう。

企業実習内容は4つ

 私はV社さんにお世話になりました。実習生としては他に、若い女性1名も手を挙げられ、私も含め今回は2名がお世話になります。

 実習の内容は大きく次の4つ。「企業様向け提案打ち合わせ」「Web制作」「画像編集」「webコーディング」でした。

企業様向け提案打ち合わせ

その中でも私は「企業様向け提案打ち合わせ」に一番興味がありました。各企業様向けのWeb制作やシステムの提案について意見を出し合うのですが、V社さんは、多業種の会社さんと付き合いがあるので、打ち合わせごとに様々な業種の会社さんの話が出るので、それぞれにアプローチが違った提案をされていて、とても興味深く聞くことができました。

 ちなみに、どんな業種だったかと言いますと「精肉会社」「人材派遣会社」「商店街」「障がい福祉」「児童福祉」「高齢福祉」「夜の商売」「ケータリング会社」「特殊印刷会社」の提案打ち合わせに参加させていただきました。参加するたびに、その業界の勉強を予習復習していたので、今ならこれら業界のことを聞かれても、なんでも答えられますよ(笑)。

 その中でもここ最近、「障がい福祉」「児童福祉」「高齢福祉」の案件を受けられていました。私のキャリアを活かすチャンスです。V社さんも私の履歴書と職務経歴書を見られているので、福祉業界の知識を参考にしたいようでした。V社さんも、この業界の知識は少ないようでしたので、私は惜しみなく福祉業界での知識をお伝えすることにしました。

 特に福祉業界で困っていること、求人や個人情報管理、業務、PCやデータの取り扱いについてお話しさせていただきました。福祉業界ならではの困りごとを、お客さんから聞き出すことが中々できなかったようで、これを足掛かりにお客さんの悩み事をしっかり聞き出そう、ということになり、私も営業に同行することになったりしました。

Web制作

 web制作では、納期間近のWebサイトの制作で、HTMLでの文字の入力と、写真の貼り付け、サイトの大まかな位置を整える、という作業を手伝わせてもらいました。納期間近なこともあって、モタモタやってられません。間に合うか合わないか、結構スリリングです。自分の能力値全力で取り組ませてもらいました。仕事ですから当然、納期があるわけですが、授業では体験できない緊張感を得ることができました。

画像編集

 画像編集では、Photoshopという画像編集ソフトを使って編集していきます。元画像を見本画像の色合いに近づけていく作業と、不要な物体を消してしまう作業です。自宅でもPhotoshopを使っているので簡単かと思いきや、見本画像の色合いに近づけるという作業は中々大変であります。「数分でできるわ」と思いましたが最初の1枚は40分くらいかかって編集してました。不要な物体を消すほうが簡単でした。こちらはたまにやってたことがあるので楽勝でしたね。

Webコーディング

 基本の「ヘッダ」「メイン」「サイドバー」「フッタ」に分けてCSSで枠組みや大きさ、文字の大きさや配置を整えることをやりました。その後、応用編でネコちゃんのブログサイトを見本通りに作成しました。こちらはCSSだけ完成されていて、それを見てHTMLを完成させる、という感じでした。

 一度、授業で習っているとはいえ、ほぼすべてを忘却している私には少し難しかったなぁ。

実習での収穫はあったのか?

 今回の企業実習での収穫のひとつは「私のキャリアを活かした仕事があって、今後結構需要があるんじゃないか!?」ということ。

 福祉業界のIT化というのは中々すすんでおらず、特に大きな社会福祉法人さんでは、大きな初期費用が必要になることもあり後手後手になっている感じを受けました。私は働いていた事業所のそうでしたから。

 また、IT企業さんの方も、その独特の業界の話や制度が分かりにくく、攻めあぐねている、というのが私の印象です。ならば、私のような福祉業界を熟知した人間が営業にいって、お客さんの悩みを色々とうかがってITで解決できれば、本当にお互いWinWinの仕事ができるのになぁ、と感じました。

 今まで勉強してきて言うのもなんですが実は「私のような福祉バカがIT企業に就職するなんて無理ゲーすぎるんじゃね!?」と思っていました。というか、勉強するたびに自信がなくなってきていた、というのが正解ですかねぇ。

 今回の企業実習を通じて「自分のスキルでもIT業界で活躍できる場所はあるんだ!」というのが分かったことはとてもうれしいことでした。

 もうひとつの収穫が、「Web制作って打ち合わせ時間かかるし、おカネにならないなぁ」 ということ。何か月もかかって打ち合わせして、またお客さんの意見が変わって変更して、というのが続くんですよね。こちらが専門的な意見を出して、少し強引なくらいに進めないと、ホントにWebサイトの制作って完成しない気がしました。しかも安い!それなりの時間と人が動いているのに単価が安い。

 「Web制作するなら少人数のほうが儲かりそう」と感じました。人が多く携わるほど、安い受注価格を山分けしないといけないんですから非効率です。効率よくおカネもうけするなら「web制作は独立して一人でやったほうが儲かりそう」と感じました。

実習で褒められたことがある

 実習先の先輩に褒められたことがあります。それは「まとめる能力がスゴイ。しかも早い」でした。

 実習で打ち合わせがあるたびに、「いろいろな情報を探してまとめてね」「打ち合わせのレポートを所感を交えて提出してね」と言われていました。これが地味に大変なんです。ダラダラ時間をかけていると、次々と打ち合わせがあるので、どんどん宿題がたまってしまします。限られた時間内でテキパキ的確にこなしていかないといけません。

 実は私、この1年で、毎日の授業の講義録を、授業と休み時間内でその日のうちにまとめてしまうスキルを知らぬ間に身に着けていたのです。これが、企業実習で役に立つとは思いませんでした。

 あと、「マニュアル化するのがウマい」とも言われました。Webサイトの制作方法のレクチャーを受けていた時に、忘れないよう作っていたマニュアルがたまたま先輩の目に留まったときに言われたんです。これも実は介護業界で、いろいろなマニュアルを作っていた賜物です。こんなとこで以前のキャリアが役に立つとは思いませんでしたねぇ。

内々定はもらえず

 ちょっと褒められたうえに、福祉関連の提案もでき、コーディングなどもうまくできたので、「これはもしかしたら内々定もらえるんじゃないの!?」という考えが頭をよぎりました。最終日、「最後に社長と面談があります」と言われたのでなおさらです。

 「そういえば朝のテレビの占いは1位やったなぁ」なんて、普段から信じない占いをこんな時だけ思い出して信じたりしました。

 そんな思いとは裏腹に、社長との面談は、「実習お疲れさま」と、実習内容がどうだったかの確認作業で終了。特になにもなく終わってしまいましたとさ。

 やっぱ就職はそんな簡単にはできませんね。いやぁ、それにしてもこの2週間、全力で脳みそ使ったから疲れました!いろんな業界の勉強にもなりました!新たな思考能力を養うこともできて、ホントに有意義な企業実習でした。

 5月にも2週間、企業実習があると聞いています。その時も有意義な企業実習が出来るよう、自分をスキルアップしておきましょう。なんせ50のオッサンですからねぇ。ひと一倍頑張らんと就職先なんて見つかりませんわな。

※その後、新型コロナ感染症拡大防止のため、政府から緊急事態宣言が発出され増田。その影響で、5月以降の企業実習は中止となりました。

それでは本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!