50歳からの人生 自分の好きなことやって生きていくことができるのか!? ここは「がっちゃん 」が実際に体験したことを記録し、楽しく人生を過ごせるためのヒントをさぐる研究所です!

JavaScriptの、関数・判定処理を学んで「元号判定プログラム」を作成

どうも! 職業訓練生のがっちゃんです!

 ただいま長期人材育成コースの「情報セキュリティ管理者資格」2年コースを絶賛受講中です。勉強の予習復習のため、また、同じコースを目指す方の参考にしていただくべく自分の勉強した足跡をできるだけ詳しく残すようにします。

♪お願い♪

 あくまで私が理解したことですので、超初心者目線の内容になっています。また、超初心者ゆえの間違いが多々あるかと思います。そのあたりは優しい目で見守っていただき、目に余る間違いにつきましてはお知らせいただけますと大変勉強になります。

5月の職業訓練記録(情報セキュリティ管理者資格コース)「JavaScript編②」

今回はジャバスクリプトの操作、続編です。

 前回同様、「ビジュアルスタジオコード」というフリーソフトを使ってプログラムを作成しました。実行結果の確認として「グーグルクローム」というブラウザソフトの画面と、その裏画面(ブラウザ画面上で右クリックし「検証」ボタンを選択するとあらわれます。で、「console」タブを開きます。)を使用しました。

 私はこの「検証」画面と「WindowsPowerShell」というCUI画面を使うのが大好きなんです!(操作をマスターしているわけではない)

 これらをPCに表示しているだけで、自分がすんごく「プロ」っぽくなったなぁ、と妄想できるのが嬉しいのです。

if構文と関数

「if文」とか「関数」の使い方を教えていただきました。

「if文」では、条件式を作成、判定処理をさせます。

「関数」では、足し算ができる関数とか、先ほど使った

「if文」を使って、判定処理ができる関数を作ったりしました。

というわけで、以下が今回教えてもらったプログラムの内容です。

※コメントアウト文で補足説明を入れております。

見づらかったらゴメンね。

判定プログラムをよりプログラムらしく

次は、令和・平成の判定表示に関するプログラムを少し発展させました。

ブラウザ画面に、ボタンを表示させたり、入力場所を

作成したりして、よりビジュアルに、プログラムらしくしていきます。

以下が、そのプログラムです。

 ここまでくると正直、よく分からんコマンドが出てきてすぐには覚えられないっすね。あと、プログラムの書き方についても、なんとか分かるかなぁ、って感じです。

 プログラムの書き方については、「こんな時はこう書く!」「このコマンドを使うのじゃ!」みたいな決まりごとがあるみたい。RPGの呪文みたいなもんでしょうか?

 授業はなんとか復習することで追いついている感じ。

あとは慣れるしかないんじゃないかな!?って思っています。

 復習だけでなく、自分で課題を作ってプログラムを打っていかないと慣れないんでしょうな。これ以上難しいの、出てきたらどないしょ、って感じです(汗)。

 でも、これ以上難しいのが出てくるに決まってるっすね。まだまだザコキャラで、ラスボスはもう、太刀打ちできないヤツがいるんだろうな。

落ちこぼれにならんように、しっかり授業に付いていかねば。

それでは本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!