50歳から自分の好きな職業に簡単に転職できるの? ここは「がっちゃん 」が実際に体験した転職への道を記録するブログである

職業訓練「情報セキュリティ管理者資格」コースの就職事情は未経験者には厳しい

どうも! 職業訓練生のがっちゃんです!

50歳から受講した長期人材育成「情報キュリティ管理者資格」2年コースも、あと2ヶ月で終了。就職活動真っ最中でございます。

本日も企業説明会があり、コロナ禍の昨今、IT企業の就職事情を聞かされて参りました。来年度から私のように長期人材育成「情報セキュリティ管理者資格」2年コースを目指す人への参考になればと思い、現在のIT企業の就職事情についてお伝えしたいと思います。

※2021年1月現在の話です。就職事情は今後大きく変わるかも知れません。

ネットワーク、セキュリティ系は好調みたい

 ソーシャルディスタンスとか、新しい生活様式とかで、リモートワークが持て囃されています。そのおかげか、ネットワークやらセキュリティ、コミュニケーションツールなどは業績好調のようで、経験豊富な中途採用者を積極採用しているようです。特にネットワークやインフラ系は未経験者は採用してくれません。

全体的に求人数は減ってるようです

 好調に見えるIT業界ですが、全体的に求人は減っている様子です。コロナ禍で世の中不景気で、プロジェクトが軒並みストップしているそうです。今でこんな状態ですから、決算が出る5月以降はどうなることか、火を見るよりも明らかですよね。

 私たちを担当してくれているキャリアコンサルタントの人も「2020年7月まではまだ求人はたくさんあったけど、今はもう本当に少なくなった。こうなったら椅子取りゲームみたいに、空席があったら飛びつくくらいで就職しないといけない」と言われています。

 年明けから数件あった企業説明会で、人事担当の人が口を揃えて言うのが「経験豊富な中途採用者求む!」です。新人は即戦力にならない上に、研修に時間と手間がかかるので大変。だから会社の将来のため未経験者も採用するにはしますが、20代から30代前半まで月給は20万円以下と、結構ハードルは高め。「お前らお金もらいながら勉強できるだけありがたいと思え。30代中盤以降は一人前になる頃には40歳近くになるから問題外」みたいな感じです。

 んなわけで、私のような未経験者でまもなく52歳になろうかという人間に、まともな求人はあろうはずがない。

 学校の先生は、この2年間の勉強も立派な経験だ、とかなんとか言ってくれますが、実際、社会はそんなに甘くない。一生懸命勉強してても「実戦積んでなければただの人」みたいです。専門的な資格を取っていれば、多少は違うみたいです。特に今はAWSが流行っているみたいなので、AWSやってる会社さんなら「AWSの中級くらいの資格取ってくれてれば即採用するよ」と言うところはあるようです。

 資格取るなら自分の得意とするIT分野を早いとこ見つけて、専門的な資格を取るのがいいみたいですね。

気合入れて申し込むんだ!

 国が推奨する職業訓練の資格なんだから、たいてい求人は一杯あるだろうと思いがちですが、医療福祉や建設業界と比べてIT業界は一味違う求人のようです。IT未経験でもこの情報セキュリティ管理者資格コースは受講できますが、30歳を超える人は、上記の求人事情と待遇をじっくり考えてから申し込むことをオススメします。

 こんなん年齢差別やんか、と思いますが「キャリア形成のため」とかなんとかで法律的には年齢制限はクリアできています。20歳代なら未経験で申し込んでもなんとか就職できる。30歳以上ならIT業界経験している上で申し込まないと就職は厳しいと思って、気合入れて申し込んでください。

 こんな私の考えが杞憂であれば良いのですが・・・。

 ちなみに私のクラス(全20名)で、今まで就職決まった人はまだ3名。1人は20歳代の未経験者、後の2人は30歳代のIT経験者です。

 参考までに、授業について行けず途中で退校した人も数名います。

事前説明会には必ず行くんだ!

 これだけ脅してもまだ「情報セキュリティ管理者資格」コースを受講してやろうじゃないかと思っている気骨のある人に、私から最後のアドバイスを。

 情報セキュリティ管理者資格コースを実施している学校は1つだけじゃないと思います。だから、事前説明会には必ず実施する全学校に行くようにしてください。できれば興味ありそうな資格コース全部聞きに行ってください!そして必ずカリキュラムの内容や資格取得状況、就職状況を事細かく聞くようにしてください。あなたの将来がかかているんだから、それくらいの手間は惜しまないように。

 最近耳にした話だと、私が選ばなかったもう一つの専門学校では基本情報技術者資格所得者が多数出ている模様。授業も資格取得に特化してみっちり授業をやってくれるそうです(こっちは資格取得のための勉強なんてほとんどなし。自習という名の資格取得勉強だったもんね。本気で資格取って欲しいと思ってるならこんな授業じゃダメでしょ!?)。授業時間も、私が通っている学校と比べると、3分の2くらいしかないのですが、キチンと実績を出しているようです。しかも授業時間が少なくて自由時間が多いなんて、最高じゃないですか!?(出川哲郎風にどうぞ)

 私がこの情報セキュリティ管理者資格コースを受講しようと思い、事前説明会を聞きに行ったときはまだ2年目で、実績もへったくれもありませんでした。資格取得実績や就職実績を聞こうにも、「まだ実績がないから・・・」と言う返事だけでしたもんね。

 だからどっちの学校にしようか選択した理由は、前年度の競争率(応募倍率)と授業時間数で、こっちの学校の方が競争率(応募倍率)高いし(人気あるって言うことだよね)授業時間も多い(授業が充実しているって言うことだよね)、通う時間も短くて済むし、と言う3つの理由で決めたのですが、今となっては全てが裏目です。

 競争率低くて、授業時間が少ない学校の方が(今は授業時間は逆転して、向こうのほうが多くなっています)、結果的には資格取得の実績が多いだなんて。なんと私の見る目のなさよ・・・。

まとめ

 皆さんはどうか、見る目のない私にならないよう、どのコースを選べば悔いのない2年を過ごせるのか、本気でじっくり考えてください。

 そのためにはとにかく時間をかけて情報収集を徹底的にすること。事前説明会、ハローワークの担当の人、あるいは、こんな私のようにブログで感想を掲載しているサイトを探していろんな意見を参考にして検討してみてください。

 あなたに訪れたこの2年というチャンスが、素晴らしい時間にな流ことを祈っております。このコースをこれだけ貶しておいてなんですが、私はこの「情報セキュリティ管理者資格」コースでの2年間の勉強は、とても刺激的で面白く楽しく過ごさせてもらったことだけは間違いなかったことを、最後にお伝えさせていただきます。

それでは本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました! 

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!