50歳からの人生 自分の好きなことやって生きていくことができるのか!? ここは「がっちゃん 」が実際に体験したことを記録し、楽しく人生を過ごせるためのヒントをさぐる研究所です!

超初心者がCentOS7でWebサーバーを構築してみた

どうも!職業訓練生のがっちゃんです!

 ただいま長期人材育成コースの「情報セキュリティ管理者資格」2年コースを絶賛受講中です。自分の復習と、どなたかの参考にと思い講義録をまとめて公開しています。

 開発演習の授業で、CentOS7を使ってサーバー構築を何度かさせてもらいました。演習の内容が変更されるたび、サーバー潰して一から作り直し、ってのを繰り返しました。その時にノートしていた手順書をまとめてみました。

 今回のサーバの構築のために、サーバ用のPC(手持ちの古いノートPCとかでもOK)、いつも使っているインターネットのつながるWindowsPC、8Gバイト以上のUSBメモリを使用しました。

今回の手順

 職業訓練の授業では、「MBSD2019セキュリティコンテスト」の課題環境作成や「WordPressでホームページを作成」するためにサーバを構築しました。初めは手さぐりの中でサーバを構築したので、失敗ばかりで何度も作ったり潰したりを繰り返しました。

 そのたびに、サーバの構築が板についてきて、ドンドン構築が早くなったものです。失敗しないと気付かないことって、いっぱいある。ITの勉強は失敗すればするほど勉強になる、というか実力がつく。

 今回、サーバ構築のための手順は以下の通りです。

サーバーとなるPCにCentOS7をインストールする。

次に「Apache2.4」をインストール

「PHP7.3」をインストール

古い「MariaDB」を削除して新しいバージョンの「MariaDB」をインストール

CentOS7のインストール

 サーバにインストールするための「USBインストールメディア」の作成から、「CentOS7のインストール」までをまとめました。

serverofcentos77

手元にダウンロードされたい方は、こちらからダウンロードして下さいね。

Apache2.4、PHP7.3、MariaDBのインストール

 CentOS7のインストールが完了したら、Apache2.4、PHP7.3、MariaDBをインストールしていきます。

 せっかくCentOS7をGUIモードでインストールしたのですが、「アプリケーション」→「お気に入り」→「端末」を選択し、コマンド画面を出してインストールしていきます。

 設定書どおりに進めていけば、問題なくすすんでいくはずです。よくコマンドの入力を確認しまくる人がいますが、そんなに心配しなくて大丈夫です。もう一度入力しなおせばいいだけですよ。それに、間違っていることは、英語ですが、ちゃんと知らせてくれます。

ApachePHP7.3MariaDBinstall

手元にダウンロードされたい方は、こちらからダウンロードして下さいね。

20枚ありますので印刷するときはご注意を。

失敗は成功の母

 どうですか?うまくいきましたか?最初からうまくいった人は天才です!私は何度も失敗しては、アチコチのサイトからお知恵を拝借してサーバ構築していきました。失敗を重ねて作成した手順書なので、これだけで、そこそこ成功にたどり着くのではないかと思っているのですが・・・。

 間違ったり、失敗するほうが、ITの勉強では実力がつくと思いますので、どうか皆さんも、たくさん失敗して実力をつけてくださいね。

サーバ構築にLinuxコマンドの勉強は必須

 いくら「CentOS7」をGUIでインストールしても、サーバ構築のときには、ターミナル画面でコマンドを実行させないといけません。最低限のコマンドを知っておけば、作業もはかどります。

 超初心者用に、Linuxコマンドをまとめたブログがありますので、よかったらそちらも見に行ってくださいね。

それでは、本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!